It's a small war

きみと僕とのあいだに起こる とるにたらない 小さな諍い

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

思い出の文集事件

今日、こちらに引っ越してきてからお友達になった人の家に行ってお茶してたら、私の知らない別のお友達がやってきて、その人と偶然生まれた年が一緒だったので盛り上がりました。

という、お人形とは全然関係ない話ですみません

(最近頂いた拍手お返事はこの記事の下の別記事にあります)












今日、こちらに引っ越してきてからお友達になった人の家に行ってお茶してたら、私の知らない別のお友達がやってきて、その人と偶然生まれた年が一緒だったので盛り上がりました。

その初対面の先方が、すごく気さくに私と話をしてくれるので、嬉しくなって

「おもしろくて話しやすい人だね~」

と言ったら、彼女が

「こないだ中学の卒業文集見てたら、「私の性格について」書くところがあって、そこに自分で「ひょうきん」って書いてて、死にたくなった」

と返してきました

そういえばあったねそんな言葉
と、ひとしきり笑った後、嫌なことを思い出した


そう 

あれは小学校の卒業文集の企画。
クラスにいる人で「何でもベスト3」を決めて発表する、という内容だったのですが(「サッカーがうまい人ベスト3」とか「絵がうまい人ベスト3」とか、とにかくその部門に秀でたクラスメートを第1位から第3位まで決めて卒業文集誌上で発表する)

私は


「ひょうきんな人」 部門の第3位

でした・・・

しかもそのベスト3を決めるとき、1、2位はいわゆるクラスの人気者1、2でスンナリ決まったのに、3位を誰にするかなかなか決まらず、煮詰まったところに

「○○さん(←わたくし)ってたまにわりとおもしろくない?!」

と言い出す人がいて

「あぁ、言われてみれば少しはおもしろいよね!」
「そうだよね、まぁまぁおもしろいかも!」

と同調する人が何人かいて、その微妙な順位にエントリーされたという・・・

「ひょうきんな人第3位でいい?!」

とみんなに確認されたとき、薄笑いを浮かべてうなずくしかできなかったのである。



そんな私ですが、小学生時代は学級委員をやりたがる仕切り屋の嫌われ者でした
空気が読めず(今も)、目立ちたがりで誰彼かまわず自分の言うことを聞かせようとするので(今も・・・)、しょっちゅう揉め事を起こしてました



子どもの頃の自分は? と聞かれて、「恥ずかしがり屋でした」とか「泣き虫でした」とか「やんちゃ坊主でした」って答えられる人がうらやましい

「仕切り屋でした」って・・・。

そしてそんなふうに仕切り屋時代の自分を認める発言をしているのは自分以外に見たことない

あの頃クラスに一人はいたはずの丸尾くんたちはいったいどこへ行ってしまったのか
いたら出てきてください

一緒に慰めあおう





| どうでもいい話 | 09:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://smallwar.blog55.fc2.com/tb.php/96-4d54f490

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。