It's a small war

きみと僕とのあいだに起こる とるにたらない 小さな諍い

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フクザツな注文

07121811.jpg



ジミー「おい、ルイス」

ルイス「・・・・・・ハイ。っていうか、ジミー! その帽子はまさか、薬天ジャンル別ランキング第1位3冠を達成したあのドリアン帽・・・」

ジミー「今はその話をするんじゃねぇ」

ルイス「・・・・・・ハイ」




07121810.jpg



ジミー「・・・すわりっこボディでもないおまえが、どーしてムリクリ正座させられてんのかわかるか? ついでにてめぇ、ベンジャミン。関節がないから正座させられないのをありがたく思え」

ルイス「・・・・・・」

ベンジャミン「・・・」


07121813.jpg


ルイス「(小声)やばいよ、ジミー相当怒ってるよ」

ベンジャミン「(小声)困りましたねぇ」

ジミー「・・・いーか。俺はなぁ、この家で誰にも邪魔されずに自由気ままに暮らしたかったんだ。そのためにわざわざ、なにかっつーと絡んでくるウザいおまえの専属世話係も召還してやったわけだ」

ルイス「あ、ハイ」

ジミー「それなのになぁ、俺が念力に集中してる横で、おまえらがグチャグチャ勝手なこと抜かすから、雑念が入って、なんかワケわかんねぇのが来ちまったじゃねぇか!」


07121302.jpg



ルイス「ジミー、落ち着いて」

ベンジャミン「そうでございますよ、ジミーぼっちゃま。たしかに予定していたお嬢様とは多少イメージが違ったかもしれませんが」

ルイス「そうだよね。ちょっと違ったかもしれないけど」

ジミー「多少でも、ちょっとでもねぇ!」


071218.jpg


***「どーも」

ベンジャミン「・・・えー、なんというか、こう、独特な容貌のお嬢様でいらっしゃいますね(棒読み)」

ルイス「・・・すごく個性的だよね(棒読み)」

ジミー「てめーら、本心から言ってないのが丸分かりだ」

ルイス「・・・でも、僕は仲間が増えて嬉しいよ! そうだ、TFが二人になったから、カップル設定でペアルックとか着こなしたいな!」

ジミー「それはやめとけ」

ルイス「なんでだよー!」

ジミー「こいつは女じゃない。・・・俺の勘だが」



ルイス「ええええええええええええ」

***「・・・あ、そーか。なんかおかしいと思ってた」

ジミー「おまえも自分で気づけ」

ベンジャミン「・・・そ、それはつまり、セルフメイクなうえに、ボディは男子というやつでございますか?」

ジミー「おそらくな。なんの手違いか知らねぇが」

ルイス「ひぃぃ! そ、そんなのジャンクと一緒じゃない! 身もココロもプレミアムな僕には耐えられないよ!」


07121804.jpg



***「なんかアタマとカラダがバラバラになって、すごいニオイの水んなかに漬けられたのは覚えてるなぁ」

ルイス「そんな大技、ここの管理人にやる度胸あったの?!」

ジミー「んなこたーどうでもいい! とにかくな、メイクは粗いわ、カラダは胸板ぺったんこだわ、俺の希望と全然違うんだよ! 全部おめーらのせいだからな!」

ルイス「えぇ~」

ベンジャミン「えぇ~」


07121806.jpg


ルイス「でも、言われてみれば確かに男の子っぽいなぁ。僕が”胸はなくてもいいから”って願ったのが悪かったんだね、きっと。ゴメンよ・・・えっと、」

***「あ、オレはエレナ」

ルイス「え、もう名前あるの?!」

エレナ「今つけた」

ルイス「なんて軽々しい! 考えすぎていまだにルイスな僕とは大違いだよ!」

ジミー「SDのデフォルト名ばりの適当さだな。そしてカブっている」


07121808.jpg


エレナ「しかし、なんでここに来たのかまるで思い出せないな。・・・ものすごく強い声で、誰かに呼ばれたような気がするんだけど」

ジミー「・・・・・・」

エレナ「なんか注文が複雑で、アタマがこんがらがったんだ」

ルイス「・・・・・・(ゴメン)」
ベンジャミン「・・・・・・(申し訳ございません)」

ジミー「まぁ、細かいことは気にするな」

エレナ「ん、そうだね。ところで、キミなんか服貸してくんない? いつまでも寝巻きってのもなんだし」

ルイス「え、僕の服? いいけど、僕はロクな服持ってないっていつもジミーが・・・」

ジミー「ホントのことだろ」

エレナ「・・・これでいいや。借りるね」


07121802.jpg



ルイス「ミノル立ち!? しゃべりはダルそうなのに、キメショットはミノル立ち!?」

エレナ「半そでマフラーってかなり微妙。キミ、もうちょい冬服買いなよ」

ベンジャミン「ルイスぼっちゃま、テキは案外したたかでございますよ!」

ルイス「しかも、あの帽子はまさか、薬天ジャンル別ランキング第1位3冠を達成したドリアン帽・・・」

ジミー「だからその話はするんじゃねぇ!」




*****

ジャンク寸前、美白ニキ男子のエレナさんが来ましたよ。







↓以下拍手お返事です


Kさま

まずい。非常にまずいです。しかも金曜ってなんですか。年明けだとタカをくくっていたのでもろ不意打ちです。日曜はアレなのに。
動揺しています。Kさんの冷静さがにくい・・・! ウインドーショッピング精神って初めて聞きましたが私もそれで。(もはや拍手レスですらなく、申し訳なく思っております)


Bさま

勢いあまってセルフメイクしたら大惨事になってしまい、公式画像(?)が撮れず前回はひっぱるほかありませんでした・・・(そんな理由ですいません
というか、メイクがこんなに難しいものだとは知りませんでした・・・! 


ARさま
こんにちは! たしかにルイスって白飛びしますよね~ わたしはカメラ技術などいっさいまるでないので、昼間の自然光でフラッシュなし、というシチュエーション(?)でしか撮れません・・・(なんのコツでもないですね・・・
ARさんのように室内でセットを組んで雰囲気のある、キレイな写真が撮れるのに憧れます。あれこそウデがないとできませんよ!
そしてそして、mixiの件嬉しいです! 後日こちらからメールさせていただきますね!

| エレナ | 05:01 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おへんじ

蜜豆さま

いやもうほんとエライ目に遭いました・・・>セルフメイク

普段人様のメイクを拝見してキレイだのすごいだの言ってた自分がアホにしか思えないほど大変でした。同時に蜜豆さんを神認定です。
拍手画像も見ていただいてありがとうございました。エレナさん、間近で見るとホントに粗いので、いつかやり直してあげたいのですが当分その気力が沸かない予感です~

で、明日は飛びますか? 飛ぶんですね?
えーい、全員飛べ飛べぇ~~い! 
祭りだ祭りだぁ!


ばぁや様

母さん、オレ前回の中華美白ニキ以来待ち続け、Novemberでもスカされたニキ男子がどーしても欲しくてやってしまいました・・・。

>ドリアン帽も似合う~(似合っていいのか…)

おまえ、やんわりしつれいだぞ(釦)

ドリアン帽、こう見えて(どう見えて)ヅラ押さえに最適なんですよ! 人気商品は違いますよね!

金曜のバンジージャンプ、ヒトゴトのように眺められたらどんなにいいか・・・は はは・・・

| ななつ | 2007/12/20 20:17 | URL | ≫ EDIT

おおおっ?君、なのですか?
なにやら複雑な出生…?
 
色素薄いのにニキらしいニッとした笑顔がかわいいっす!
エレナ君VSルイス君は エレナ君手ごわそうですねえ♪
ルイス君、ピンチ?
ドリアン帽も似合う~(似合っていいのか…)
 
 
金曜は皆でバンジーして紐の切れた人から墜ちてゆく、てカンジになりそうですね;
  
ははははは…

| ばぁや | 2007/12/19 17:57 | URL | ≫ EDIT

待ってました美白ニキ君!
ななつさん、メイクお上手ですよ、
この水色のグラスアイがすごい似合ってます! 眼福v
そしてまさかのドリアン帽… イヒヒ
今度お会いするの楽しみですよvv

で、明日は皆で崖っぷちから転げ落ちるのかな?
激戦のうえ瞬殺ぽいですよね。

| 蜜豆 | 2007/12/19 14:36 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://smallwar.blog55.fc2.com/tb.php/55-9a3377d2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。