It's a small war

きみと僕とのあいだに起こる とるにたらない 小さな諍い

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

喋らない人

断固としてアニミズムノイローゼを貫き通している我が家ですが、それでもときどき、全然しゃべらない人形が来てしまうことがあります。



P1050505.jpg







このお方、去年の夏に我が家に来て以来、ずっと黙ったままである。

どこから来たとか、どんな口調とか色々と想像してはみるんだけど、こういう想像って、失敗するとその人形が後々モノに戻ってしまうことがあるので難しい。
(今までだって、そうしてどれだけの数の子たちをモノに戻してしまったことか)

とりあえず、店からやってきた格好そのままでいるのが良くないのかと思い、彼が着たり持ったりできそうなものを与えてみることにし、その表情から人柄のようなものを類推しようと試みることにした。

(しかし現実には、身体の大きさが今までの子と若干違うので、とっかえひっかえファッションショーというわけにもゆかない。
苦し紛れに精一杯似合いそうなものをあつらえてみると写真のような扮装ができあがった。)





P1050507.jpg





もしかすると彼は喋らないのではなく、ほんとうに無口な人形なのではないか





P1050506.jpg






わりあいと「ごっこ遊び」のようなものを好む、没入型の可能性がある と感じた






P1050518.jpg





細かい手刺繍がほどこされた 『ウバッテニゲルフクロ』 を得意げに担いでいるところなど見ると、なかなかのこだわり屋かもしれず





P1050526.jpg





黙ったまま突然マッチ棒をぶっぱなして人を驚かせるなど、おちゃのこさいさいにやってのけるかもしれない




P1050523.jpg





しかしこれもこちらの思い込みなわけで、見当違いだった場合には、そのうちやはりモノに戻ってしまう危うさもはらんでいる。したがって決め付けないほうがいいかもしれない







*****


ちなみにこれはまた別の日に撮った写真



P1050487.jpg




やっぱりけっこうノリノリのような気もするんだよなあ。







*****


拍手をありがとうございました!
たいへんに元気づけられております。社交辞令だとお思いでしょうが、そんなことはない。


そしてこないだ突然気がついたのですが、サイトとブログ、全部あわせて人形劇がもうすぐ100回目くらいになりそうなんですよね。ノイローゼも積もれば山となるですね。

いつぞやの50回記念のときにはまさか100回までは続けないだろうなと思ってたんですが、こうなったからには何か考えたいと思います。

| どうでもいい話 | 13:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。