It's a small war

きみと僕とのあいだに起こる とるにたらない 小さな諍い

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

中心から外に向かい、力を抜くようにして引くべし

こんにちはななつです。

セルフメイクに関する試行錯誤を記事にしたところ、予想外に予想外の方から
コメントをいただけて嬉しかったです。

ドールメイクに挑戦して、初めて自分の引いた線を見たときの絶望感って、
口では言い表せないほどのショックですよね。
上級者な人々でも、完成にこぎつけるまで毎回結構苦労なさっているという
ことを教えてもらって、大変勇気が出ました。
白鳥は優雅に水面を滑っているように見えても、水面下では必死に足を・・・!

白鳥になれない私は、むしろ水中の足の動きについてばかり書いてしまうの
ですが、そういうところがオシャレ系ドールブロガーになれない原因
なんだろうなあ。

と、他にも山ほどある「オシャレ系ドールブロガーになれない理由」を棚に上げて
一人納得するのであった

さて今日はセルフメイクについて2回目の記事です


昨日は課題の「向かって右側まつげ」を描いていました。
と言っても友達(非人形関係)と横浜でランチをする約束があったので
限られた時間の中でのマツゲ1000本ノック(ココさん命名)である
描いては消し、描いては消し!

いやしかし、そのあとランチした友達も、この私が1時間前まで部屋にこもり
きりで絵の具つかって人形の顔を描く練習をしていたとは、夢にも思わないで
あろう・・・フフ・・・
ランチした店のウェイターさんも、まさかこの客が1時間前まで・・・フフ・・・


冷静に書くと、いい年こいた大人が昼間っから一体なにをやっとるのだ


でもこの気持ちは罠、ここで我に帰ってはいけない。

こうして普通の大人のフリして我に帰るから結局上達しないんだよね。
一銭にもならないのに とか 何のために とか思い出したらダメですよ。
大人ってすぐそういう気持ちになって、色んな所でソンしてると思う


と、たかだか人形の顔を描くのにこれだけ理屈っぽいことを言う私はA型


***

さて筆でラインを引くとき、誰にでも得意な方向があると思うのですが、
私は←方向に線を引く方が楽でやりやすい気がします。

反対に、→方向に筆を動かす右側のマツゲや眉はすごく苦手です。
これって利き手関係あるのかなあ、自分ではイマイチ分からない。
右利きの方、どっちがやりやすいですか?

んでもって苦手なほうのサイドを描き始めると、楽なサイドを書き始めたときより
さらにキタネー自分のラインにこれ以上ない絶望感を感じ、一時的な無気力
状態に襲われます。

そこからの1000本は楽なサイドの1000本より正直キツい
でも諦めずに続けてると、1回くらいは、まぁこれでいいかなというのが
描き上がるわけ


R0012644.jpg


ついでに右目もやり直しました


R0012645.jpg



R0012647.jpg


1000本ノックのおかげで、最初に比べると筆致自体はだいぶんマシになったかなあ
という気もするのですが、いかんせん全体的には明らかにパワー不足・・・
なんというか、ビクビクチマチマ感が否めない

それでいうとシャオさんのメイクは、規則的なストロークの美しさもさることながら、
ライン一本一本引くときの思い切りの良さというか、勢いがすごいんですよね。

あの 「ラインの終点は!! そのときの私の気分しだいッ!!」
ビシュビシュビシュビシュビシュビシュ!! ピッシャァァーーンッ!!(完成)

という伸び伸びした感じ(どこが) は、ほぼ完璧に彼女のメイクをコピーした
エステベベでもいまだに会得しきれてないものだと思う。
逆に言えば、技術の獲得→熟練というハードルを超えて、そこからがフィニッシャー
さんの個性の表現という領域になってくるのかも。


べつに私の目標はニャオさんだからそんなの全然関係ないけどね!


***

今の私の精一杯であるチマチママツゲがなんとか完成したので、工程的には、
あと下アイラインとシャドウを入れればベーシックのアイメイクはほぼ終了
ベーシックメイクでいくなら、もうマツゲを練習しなくていい、という誘惑に
ちょっとぐらっときたのですが、

こんな地味なチマチマメイクでは、我が家のプレミアム3体と、蜜豆さん監修の
マイワンオフ・大ジミーに挟まれたら、たちまち背景になってしまうに違いない…!
(実は大ジミーの製作記についても書きたい、とずっと前から思ってるのですが、
何回書いても「すごい人を巻き添えにして技術とセンスと膨大な時間を惜しみ
なく供出してもらい、理想の人形を手に入れた私。いまとても幸せです!」
という内容の作文になってしまい、ずっとボツになり続けている)

それを考えたら、ハードルは上がるけど、やっぱり二重マツゲに挑戦してみる
のがスジというものであろう




だけどどうせまた1000本ノックだし、せっかく引いたところが消えたら困るので
コーティングだけは念入りにして乾かすのである


R0012649.jpg


ぷらりんこ


↑は簡易乾燥室です 小さめダンボールに穴を開けて、スプレーしたヘッドを
上から針金で吊るすだけ 
前面のフタを閉めておけばホコリの混入がかなり抑えられます

これ初めてセルフメイク(笑)したときに自作して以来、すごく便利でずっと愛用
してる使い捨てアイテムなんだけど、改めて見ると絵ヅラとしては最低ですね
ダンボール×針金…

せめて撮影用に古びたワインの木箱とアイアン金具とかで作るべきでした。
ハッ待てよ、いっそリーノハウス、リーノハウスの中で・・・!



こういうところがオシャレ系ドールブロガーになれない原因なんだろうなあ。

と、他にも山ほどある「オシャレ系ドールブロガーになれない理由」を棚に上げて
一人納得するのであった



拍手をありがとうございます。↓コメントお返事です
※をつけて下さる方にもついお返事してしまってすみません 
私と文通はゴメンだわ、でも一言言いたいのよね!という場合には、返事絶対不要
書いたらコロスと書いておいていただければ…(めんどくさいな!


Fさん
ああっ!Fさん私もです! 
メイク中は毎回信じられない量の薄め液がなくなるので、信じていませんでした!
眉毛と下マツゲがいつでも一番の難関ですよね。それは上級者でも万年初心者でも
一緒だと知って嬉しいようなガッカリしたような・・・フクザツ!
でもメイクは時間が経つのを忘れて夢中になってしまいますね。公開処刑にする
ことで自分自身にハッパをかけているのですが、どうにもこうにも行き詰まったら
コッソリASに出して戻ってきた子を載せるつもりです、ということをFさんに
だけ打ち明けておきますね!


AOSさん
ゴッドスピードカスタマー現る!
AOSさんの蝶が舞い蜂が刺すような華麗カスタムの数々を見て、「いったい
いつ寝てるの、この人」というのが常々疑問な私です。でも手が早いうえに
器用な人っているからなあ。君血液型B型じゃない? ちがう?
>てんてーは自分に厳しいね…
本当にそうならスゴク良かったのですが、私は脳内理想と現実との折り合いを
うまくつけられない、まかりまちがえば引きこもり体質なだけなんだ!
自分でメイクしといて「僕の理想郷にこんなブサ子は置いておけない!」と
思う自分の冷酷さが憎い今日この頃


Sさん
そうですよね! 絶対ぼさぼさマツゲのほうが簡単ですよね!
シャオ式まつげは、あんなにハッキリと手順と描き方セオリーが決まっていて
その気になれば誰でもマネできるのに、実際やろうとするとかなり熟練度が必要
という恐ろしいトラップです。

>某社のメイク講座によると左右のバランスを見るために右に一本を書いたなら、
左に一本書くっていう書き方がいいそうです。

え…それはまた…某社さんはおもしろいことを言う…と思ったけど、よくよく
考えてみると、某社さんはやはり模型メーカー!
左右でのアンバランスやデッサンの狂いは徹底排除、な考え方に基づくTIPS
としてはごもっとも!ですね。
メイク講座受けてみたくなっちゃいました。色々目からウロコできそうですよね!


Nさん
はじめまして、コメントありがとうございます!
そんな、僕のブログなど常に床上浸水しているほどの敷居の低さですから、
気が向いたらいつでもラクガキしにきてください。

>あっ、ひな市の福助の話もおもしろかったです。

正直、このブログ読者の皆さんの「福助への関心の薄さ」に絶望していたのですが、
Nさんからのそんなコメントがとても嬉しかったです。
あまり郷土人形について熱く語ってもな・・・と思い本編記事では省いたのですが、
福助の顔を描いてくださった作家さんに、人形の顔を可愛らしく描くコツを尋ねたところ、

「うーん。難しいことは言えないけど、目でも眉でも、あるべきところから、
ほんの少し、わからないくらい少しだけずらして描くときがあるなぁ、ぼくは」

とおっしゃっていました。美しさと可愛さはまた別のものなのでキャストドールに
同じことが言えるとは思わないんですけど、すごく印象に残った一言でした。
Nさんは面白がってくれそうなので書いておきますね。また遊びに来てください。


CCさん
へへへ、CCさんの「マツゲ1000本ノック」という言葉を勝手に本文中に使用
してしまいました。言いえて妙だけどホントそんな感じです(笑
ドールメイクはいかに自分のヘタさにメゲないかが重要ですよね~~
>自分の手で自分の欲しいものを作れる人って
いや今回のワンオフの件がなかったら、そんなふうに改めて思うことはなかったと
思いますね。
でも自分でイチからやってみると、いかにシャオさんの技術が並みはずれているのか
実感することもできたし、私の中ではむしろ落札予想額は引きあがりました(笑
そういう意味では精神衛生上すごく良かったな。
あとは自分も死ぬほど練習して納得いくメイクができればめでたしめでたしです(笑


MKさん
MKさんのメイク、BFの造形に合うモードな個性があって私はとても好きです。 
艶っぽいブラウン系の目元の雰囲気とかすごーくいいなあと思って見ています。

私は「シャオさんメイクをお手本に沢山練習して、いつかは自分らしさが
出せるようなメイクをしたいな~」
とものすごい遠い夢を見ていますが、コメントをいただく前まで、私の中では
MKさんは既にそのあたりに到達されてるイメージでした(笑
これだけ上手い人でも自分と同じように苦悩されてると思うと本当に心強いです。
こんどじっくり膝を突き合わせて話を聞いてみたい!

| ドールカスタム | 09:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。