It's a small war

きみと僕とのあいだに起こる とるにたらない 小さな諍い

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

壊れ物再生計画 その5

勤め先から引き取ってきたボロボロの医療棚を再生しているわけですが、
前回なんとか古いガラスの取り外しに成功。

この古いガラスを扉部分に合うようにカットしてもらえば、修理用の
ガラスがすべて揃います。

ここまでくれば作業の半分は成功したようなもんだぜ! という間違った
思い込みもあって、ウキウキしながら取れたガラスを毛布にくるんで、
例のガラス屋さんに持って行きました。

「ええー!? ほんとに取れたの?!」

作業前、『99%、取り外すのは無理』と断言していたおじさんは、無傷の
板ガラスを見て、相当びっくりした様子でした。

「やってみたら結構カンタンでしたよ。ノミと金槌でちょいちょいっとね」

とか言いたかったのですが、どう考えてもカンタンでもちょいちょいでも
なかったので、見栄を張るのはやめておきました。

「じゃあこれ、カットできたら連絡するね」

おじさんは毛布で包んだガラス板を受け取り、「こっちが割らないように
しないとなあ」と笑って店の中に消えていきました。



(しかし前から自分って「ムダに話が長いタイプ」なんじゃないかと薄々
思っていたのですが、すでに5話目に突入しているとはオドロキです、これは
まずい この話が終わる頃には季節が変わってそう)



さてガラスも外し終わったので、ようやく本体を移動させることができます。
折りよく週末に入ったので家族を無理やり引っ張り出して、運搬を手伝わせる
のに成功しました

一言も相談しないでこんなバカデカい家具を買った上、それが恐ろしく
ボロボロなのを見て眉間を引きつらせる家族×2
しかし黙ってマンションの2階まで(当然階段)運ぶのを手伝ってくれて
本当にありがとうございました


狭い玄関と廊下をくぐりぬけ、なんとか部屋の中の置き場所に運び込んで
改めて眺めてみると、大きな医療棚は存在感たっぷりで、ボロいけど本当に
美しかった。




だがそのときの写真は撮り忘れた      ズコッ






例えばフリマとか粗大ゴミ置き場とか、それこそ田舎の骨董屋の店先とか、
そういう「持ち主に見捨てられたモノのごった煮」の空間の中ではさして
目立たず、ガラクタ然としていたモノが、誰かに拾われてその人の家の中に
置かれた瞬間、急に「輝いて見える」ことがあります。

古いものが趣味の人なら一度や二度は同じような経験があると思うのです。
(というか、それが醍醐味かもしれない)


大きな医療棚はまさにそんな感じでした。


写真がないのでちょっと説得力ないけど
まぁいい 私はそう思うのです


『大掛かりな修復作業をする』という部分に萌えて衝動買いした部分も
大きいのに、いざ家に落ち着いた姿を眺めているうちに、剥げ落ちた
ペンキの跡まで「それはそれ」に見えてきてしまいました。

むしろ色は塗り直さないほうがいいかもしれない

という迷いが出てきたので、とりあえずガラス屋さんから連絡が来るまで
塗装は保留にすることにしました。


<つづく>




*****

拍手ありがとうございまーす!
人形に関係ない話もイケるクチの方がいらして嬉しい限り。
古いものと人形は、モノに魂を感じるという部分でつながっていると
思う私はやはりアニミズムノイローゼなのだろうか

↓お返事です

> ARさん
メッセージありがとう~!
例のごとく船便になってるが僕はぜったいに謝らない!(笑

それはさておき、再生計画というよりは現実逃避に近くなってきてる感じがしなくもないよ・・・
(書きながら気づいた、なるほどだからこんなに熱心なのか、納得!)
でもこういう地味な作業すごく好きなんだよね。

私もニコラを見るたびに「ンもうっ!可愛んだから!」とにやけさがってしまう。
SweetDayLouisって傑作だよねとさりげなく(どこが)親バカしてみるのであった



> KAさん
おーかりのさんもリヴやってましたか! 私たぶん2003年くらいにハマり、しばらくやってたのですが、その後ずーっと放置してまして最近ようやく復活したのにまた放置してます(笑
>ハロウィン限定の子を亡き者にしてしまった
どの子だろう。もしブタに羽がはえたようなやつだとしたら、私もその子を亡き者にしてしまいそれを機に放置生活に入ったよ!親近感!(ちがったらどうすんだ

さて男の子の鞄、で一番に思いつくのはやっぱりトランクかなぁ。ルイスのデフォルト鞄も可愛いのですが、素材が合皮なのが実はイマイチで・・・あとは昔のお医者さんの鞄みたいな、マチの大きなガマグチっぽいボストン(で合ってます?)にも憧れます。が、人形サイズでマチを作ったり、ぼてっとした感じを出すのはきっと難しいんだろうな~ 考えるの好きなのでまた思いついたら頼まれもしないのに書きますね!



> AOSさん
あのくだりで『セラミック刀の刃が欠けちゃった・・・』と書くか『これひとつなら持って飛べるかな』と迷ったのですが、どっちを書いてもAOSさんなら分かってくれたんだね。感激。
関係ないけどきみのブログのボークスニュース語りが毎度おもしろすぎると思う。課金されても読みたい。17竜也つまりみうらはるま。


>古物好きの通りすがりさん
どうもどうも、こんにちは! あんな記事が「ためになった」と言っていただき嬉しいやら、それは勘違いでは・・・と心配になるやら私も忙しいです! ドールの家具にアクリル板を使うかガラス板を使うかは悩ましいですが、扱いや万が一の強度を考えるとアクリルのが無難ですよね。コーキング(パテ)で埋めちゃうテクニックは色々使えそうですよ。完成したら教えてくださいね!

| 古いもの | 23:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。