It's a small war

きみと僕とのあいだに起こる とるにたらない 小さな諍い

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Cheers!

長期間更新されなかったサイトの管理人さんが、「長いこと留守にしてごめんなさい」
とか「ずっと更新しなくてすみません」と恐縮しているのを見かけるたび、
「謝る必要なんかないよ。あなたの好きにしていいんだよ!」
と思っていたのですが、いざ自分自身が長期間更新しないと、非常にいたたまれない
気持ちになるのはなぜなの

皆さま 遅ればせながら今年もよろしくお願いいたします







おや? ちょうどあの人も、クリスマスを過ごした故郷のホルツヘイムから、
友達の部屋に帰ってきたようです
ちょっとだけ覗いてみますか?




*****








「・・・それはもう大変な旅でしたよ。 無事にここへたどり着けて、ほんとに良かった」










RIMG0024.jpg







「そうだ、さぁこれを。あなたへのお土産です。中を見たらきっとビックリしますよ」











RIMG0027.jpg







「さっそく開けてみてください。その間にぼくも遠慮なくビアをいただきますから」






RIMG0033.jpg









RIMG0034.jpg






幸村 「プハー!」




愁太郎 「おい、この土産って・・・」






RIMG0039.jpg



幸村 「ええそうです、本場の最高級ソーセージです! この偶然には僕も驚いています。
冷えたビアには何と言っても焼きソーセージが一番合うんですから」


愁太郎 「・・・・・・」

幸村 「そうだ、たしか冷蔵庫に瓶詰めのザゥアークラウトがありましたね?
まだ残ってるかしら、あれも出してこよう」


愁太郎 「全部食う気だな、さては」



幸村 「ギクリ」




*****







エビスビールの瓶&ジョッキは、偶然入った骨董屋さんで見つけた昔のおもちゃです。
ジョッキの中にインスタントコーヒーをひとつぶ溶かして、石鹸の泡をのせたら
自分も無性にビールが飲みたくなりました(笑


お知り合いの方々、もろもろ不義理をぶっちぎり中ですみません。
骨の髄から無精者なので、そんな奴なんだなと適当に扱っていただければ実に有難いです。
年末のリス召還祭にもすっかり乗り遅れ、今さら何処にも「お迎えおめでとうございまーす!」
とかコメントできない私ですが、またこっそり伺わせてください~

ああ~!!!
しかも過去の記事にいくつかコメントを頂いていたことにたった今気づきました・・・
もももも申し訳ありません
ずいぶん時間がたってしまいましたがさきほど返信しましたのでお心当たりの方お願いします




| You for me | 22:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。