It's a small war

きみと僕とのあいだに起こる とるにたらない 小さな諍い

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Your stage

※いつもの家とはまた違う、別の場所でのお話 「You for me」 です 












*** 「・・・今日も外に出ませんでしたね」


愁太郎 「別にいいだろ、休日くらいゴロゴロしてたって」




DSCF5600.jpg





*** 「あなたのような年頃の少年が、日がな一日、マッキンの前に座りっ
ぱなしはどうかと思いますよ」

愁太郎 「Macintoshをそこで区切る奴、初めてだ」

*** 「インターネイトばかり見て。ツーチャンネルはそんなにおもしろいの
ですか」

愁太郎 「うるさいなぁ」

*** 「それに、今日はロクに食べていませんね。あなたの顔色が悪いのは
きっとそのせいです」


09061404.jpg



*** 「育ち盛りにはもっと栄養が必要だ。たとえばそう、獲りたての新鮮な
山の幸――血のしたたるジビエ!・・・ぼくちょっとそこらでウサギでも撃ってこよう」

愁太郎 「待て待て待て!」


DSCF5641.jpg


*** 「ウサギは嫌いですか? 実はぼくも鹿のほうが好きなんだけど、
奴らはとても用心深いですからね」

愁太郎 「お前の肉好きは分かったから! 勝手に外をウロウロするんじゃない」






*** 「・・・それにしても。この町はとても静かですね。どこかでお祭りはやって
いないのですか?」

愁太郎 「知らない」

*** 「お祭りはとてもいいものです。ぼくの故郷では、みんなで広場に集まって、
思い思いの歌を歌ったり、出店を回ったり、お酒を飲んだりして楽しむんですよ」

愁太郎 「ふーん。・・・そんなに楽しい所なら帰れば? いったい何処にあるのか
何回聞いてもサッパリだけどな。それにお前、なんだかんだ言ってもう半年も
ボクん家にいるし。なんで? ふふん」

*** 「・・・そのことで、ちょっとお話があるんです。実はぼく、しばらく故郷の
ホルツヘイムに帰るのは延期しようかと思って」

愁太郎 「へぇ。そりゃまたどうして」

*** 「あっちは今ちょうど、雨傘祭りのシーズンです。ほんと言うと、ぼく
今年の傘もちに選ばれてたんだけど。あなたは知らないでしょうが、傘もちに
選ばれるのは大変な名誉なんです」

愁太郎 「じゃー帰ればいいじゃん。・・・お前さぁ、ホントは帰り方、分かんない
だけなんだろ。そりゃそうだよな。ホルツなんとかなんて、作り話なんだから」

*** 「違いますよ」




*** 「今ぼくが帰ったら、あなたはまた、この広い家に一人ぼっちになって
しまうでしょう。だからぼくは帰らないんです」


DSCF5591.jpg




愁太郎 「・・・いいか。前から言ってるけど、お前はボクが買ったボクの物で、
に・ん・ぎ・ょ・う なんだからな! ワケのわかんないホルツなんとかが故郷
だとか、ヘンなこと言うのやめろ」

*** 「・・・いつかあなたも一緒に行けば分かると思いますよ」

愁太郎 「ボクとお前が一緒に行くのは、ホルムなんとかじゃあない。
都立産業貿易センターとか、東京流通センターとか、あとはそうだな・・・狛江とか
田園調布の、オシャレな撮影スタジオなんだよ! 行ったことないけど」

*** 「? そうなんですか? それは初耳です!」

愁太郎 「それに、ボクはお前のオーナーだから、イベントに行ったらお前の
洋服を買ってやったり、靴を買ってやったりするんだ。あと、写真も撮ってやる。
どうだ、嬉しいだろ」

*** 「ありがとうございます。でも愁太郎さん、ぼくは服も靴もこのとおり
持っていますから、お気遣いなく」


DSCF5634.jpg


愁太郎 「お前の意見なんかどうでもいいんだよ! お前はボクの人形なの!
服や靴はボクが欲しいやつを買うし、着せたいやつを着せるんだからな。
口答えするんじゃないぞ」

*** 「ふぅむ・・・・・・そうだ! それならこういうのはどうです? ぼくもあなたに
洋服を買ってあげる」

愁太郎 「はぁ?」

*** 「ぼく、あなたには以前から、「しましま」が似合うんじゃないかと思って
いたんです。色は白と黒・・・しましまの上着にしましまのズボン。きっと素敵だ!」

愁太郎 「囚人服じゃねーか」

*** 「お金のことなら大丈夫。ナイショだけど、実はぼく、財産を持っている
んです。ほら、これを見て」


DSCF5640.jpg

*** 「これはただのドングリじゃない。ホルツヘイムの長老ドングリの木に、
100年に一回だけ実る、いつまでも茶色くならないドングリです。ぼくのお父さんが
子供のころ、その100年目に当たったんです」

愁太郎 「お前の脳内設定、つくづく細かいなぁ!」

*** 「ともかく明日になったら、一緒に洋服屋さんへ行きましょうね。ぼくと
あなたでお互いにプレゼント交換――! これは楽しみだ」


09061401.jpg


愁太郎 「・・・外へ行くなら、名前をつけなきゃなぁ」

*** 「・・・?」


DSCF5631.jpg




愁太郎 「お前の名前だよ。うんとカッコいい名前じゃないとダメだ」

*** 「・・・そうなんですか?」

愁太郎 「洋服屋くらいならいいけど、そのうちドールイベントとかで、誰かと
知り合ったりするかもしれないし。人形の名前を聞かれて名無しだなんて答え
たら、きっと冷たい奴だって思われる」

*** 「人形には名前をつけるのが普通なのですか」

愁太郎 「知らない。でもボクがネットで見てる人はみんな、そうしてる。
それで、お互いの人形を持ち寄って褒めたり、楽しく話したり、写真を撮ったり
するんだ」

*** 「それなら同じようにしたらいい。あなたには友達が必要なんですから。
でもまずは人形を買わないといけませんね!」


09061402.jpg



愁太郎 「・・・なぁ、もしもさ」

*** 「?」

愁太郎 「もしもの話だけど、お前を外に連れて行って、知り合いができたら、
ボクもホームページを立ち上げたりするのかな」

*** 「!? なんですって?!」

愁太郎 「ネットで見てると、みんなホームページを行き来して、仲良くなったり
してるみたいだ」

*** 「ちょ、ちょっと待ってください。 ホルムペイズ?!あなた今、
ホルムペイズと言いました?!」

愁太郎 「ちょっと違うなぁ」

*** 「ホルムペイズを行き来して仲良く・・・悪いけどさすがにそれはお断りです。 
ホルツヘイムとホルムペイズとは、谷を挟んで長年敵対する村どうしなのですから!」


DSCF5597.jpg


愁太郎 「お前の設定、やっぱワケわかんね」







*****


久々のリス子シリーズ 「You for me」(というタイトルにしました) でした

リス子は当初、ジミーやルイスのところに来るはずだったのですが、いざ到着してみたら、うちに来て2年になるのにサッパリ我が家に馴染んでくれないジェロムのところへ一目散でした

それにしてもジェロムの写真は難しいなぁ

| You for me | 18:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。