It's a small war

きみと僕とのあいだに起こる とるにたらない 小さな諍い

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

撮影会in東京その2

※撮影会レポートその1のつづきです。






09041301.jpg


ルイス 「・・・しかしさ」




ルイス 「せっかくの撮影会だっていうのに、なんで僕だけ一人でこんなコーナー
を担当させられてるんだろう?・・・保育士の資格も持ってないのに」



09040113.jpg


小鳩  「何ごちゃごちゃ言ってんの! ホラホラもっとリズミカルに体をゆすって!
子守唄はどうしたの?! ボヤボヤしてるとそこの眠りミニメイがおっこちるわよ!」

ルイス 「人なつっこい笑みが魅力のピーターにも、こんな高圧的なキャラの子が
いたとは驚きだなぁ」

小鳩 「次は馬になりなさい! ウフフフフフーッ!」


09041304.jpg



ジミー 「どんな笑い方だよ」



09040115.jpg


ルイス 「というか、これだけたくさんの幼児がいるのに、今日の参加メンバーの
女子TFたちはおしゃべりに夢中で誰も目をくれない・・・まったく、彼女たちの
将来が心配だよ。「子供好き」は愛されガールの重要ポイントなのに・・・」

小鳩 「余計なお世話だ」

ルイス 「ハァ。僕もあのおしゃべりに混じって、モテる秘訣や男女間の空気の
読み方を学びたいな・・・」

ジミー 「つーかおまえ、ナチュラルにTF軍団からハブられてんじゃねーの?」




09040116.jpg




ルイス 「くそっ、うかつだった! 限られた撮影会の時間中、おしゃれ上級者の
メンバーたちと親睦を深め、彼らのお気にディーラーさんやオススメウィッグを聞き出して
僕のスタイルの参考にする、その計画が台無しだ!」

ジミー 「出た、堂々とセンスをパクる宣言」

ルイス 「あっ! ちょうどいい、あすこに男前ジェロムの弐号くんがいる! なにやら
女子たちに囲まれてモテモテの様子・・・」


09041302.jpg



ルイス 「にじみ出るあの存在感、スター性に満ちたオーラはどうだ・・・! 
深窓の色白デニスガール・デイジーちゃんまでが彼のトリコに・・・?!」


09041303.jpg


ルイス 「くそう、なんだってジェロムってやつはああカッコイイ人形が多いんだ!
知りたい・・・!弐号くんのオーラの秘密が知りたい! よーし、まずはカタチからだ!
弐号くんのコーディネイトをメモっといて、帰ったら丸ごと真似するぞ。メモメモ・・・」

弐号 「ちょっと、そこのモサい子」

ルイス 「ん?」


09041306.jpg


弐号 「そんなところに突っ立って、何か用?」

ルイス 「え、僕?! あ・・・これは・・・」

弐号 「あ、なんだ、サインか。ハイハイ、どうぞ」



09040502.jpg


ルイス 「お願いします」

弐号 「名前とか入れる?」

ルイス 「じゃあ、今日の日付と、『ルイス君へ』って入れてもらえます?」

弐号 「了解。・・・じゃあこれ。どうぞ」


09040501.jpg


ルイス 「あ、ありがとうございます・・・って芸能人?! アンタ芸能人か?!








***


弐号くんはどこまでもスターでした・・・

このあとルイスは、腹いせにスキンヘッドの梓くんを捕まえて、「オーラの何たるか」を講釈たれようとするのですが、何でかそのときの写真がないよ~



ぐりさんのセッティングがすごく可愛かったので。↓におまけ画像を載せておきますね!




09041311.jpg




09041312.jpg




09041310.jpg





09041307.jpg






09041308.jpg






09041309.jpg










拍手ありがとうございます!
お返事、次回更新します。リス子についてお尋ねの方、もうちょっと待っててくださいね。

| 寸劇 | 11:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。