It's a small war

きみと僕とのあいだに起こる とるにたらない 小さな諍い

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ジミー、またはジミー

08102109.jpg


「・・・おい、ちょっと話を整理するぞ」

「あぁ。最低限、事態を把握しとく必要があるからな」

「よし。・・・じゃあまず、俺が俺で、おまえは俺なわけだが」

「ちょっと待て、俺はおまえだが、おまえは俺じゃないだろう」

「む」

「む」




08102111.jpg



ジミー 「・・・俺は俺だが、おまえは俺だろ。 どう考えても」


08102106.jpg


ジミー 「バカ言うな。 たしかにおまえは俺だが、俺は俺だぞ」

ジミー 「む」

ジミー 「む」


08102112.jpg


ジミー 「いったい全体、なんだってイキナリふたつに分裂したんだ? 俺ら」

ジミー 「知らねぇよ。そんなの考えてもわからねぇ」

ジミー 「だが、どっちもジミーっつうのはありえねぇだろ。 面倒くせぇから、おまえ
ジミーBになれ。マル2とかJr.でもいいけど」

ジミー 「なんで俺がBでマル2でJr.なんだよ。勝手に決めんな」

ジミー 「む」

ジミー 「む」




エレナ 「おおーい、ジミー!」


08102104.jpg



エレナ 「・・・あ、やっぱりまだ元に戻ってないんだな!」

ジミー 「「見りゃわかんだろ」」 

エレナ 「うんうん。で、そろそろ決まった? どっちが本物か」

ジミー 「決まるわけねぇだろ」

ジミー 「考えてモノ言えよテメー」

エレナ 「あはは、だいぶイラついてるなー」

ベンジャミン 「・・・しかし、困りましたね。いったいなぜ、ジミーぼっちゃまが突然
二人に分かれたのでしょうか・・・?」

ジミー 「「知るか」」

ベンジャミン 「・・・とりあえず呼び名だけでも区別しませんと、かなりややこしいですなぁ」

エレナ 「だよなー」

ジミー 「それならもう決まってる。俺がジミー、こいつがジミーB、もしくはマル2だ」

ジミー 「テメー勝手に決めんなっつってんだろ!」

ベンジャミン 「ううむ、困りましたね。・・・あ、ではこうしましょう、見た目の違いを
生かして、右側のジミーぼっちゃまを 『幼ジミー』 とお呼びすることに」

ジミー 「殺すぞ!! 俺を幼児扱いすんじゃねー!!」

ベンジャミン 「ふむ・・・では、左側のジミー坊ちゃまを 『ギガンテス』 、または
『巨神兵』とお呼びすれば無問題ですかな?」

ジミー 「どんだけデカいんだよ」

ベンジャミン 「いやはや、困りましたねぇ」


08102101.jpg


エレナ 「じゃあさ、どっちのジミーが本物か、いっそ多数決で決めたら? 
オレは断然、こっちの大きいジミーがいいな! ガッシリしててチカラも強そうだし、
重いものとか運んでくれそうだし!」

ジミー 「俺は牛か!」



08102105.jpg

ベンジャミン 「しかしながら、小さいジミーぼっちゃまは場所もとりませんし、服代も
かからずコストパフォーマンスに秀でてらっしゃいます。中身が同じなら、より省エネ・
コンパクトなミニサイズがよろしいかと」

ジミー 「俺は家電か!」




エレナ 「うーん、 1:1 に割れたなぁ。・・・あれ、そういやルイスは?」

ベンジャミン 「それが・・・先日の『主役は誰がいいですか?』アンケートでの惨敗が
堪えたのか、自分を見つめなおすとおっしゃって、荷造りをして出て行かれたのです」

エレナ 「ええっ!! ベンジャミン、それ、引き止めなかったの?!」

ベンジャミン 「どうせ行くアテが見つからず、30分もすれば帰ってきそうなので
ほっておきました」

エレナ 「たしかに」



08102110.jpg


ジミー 「チッ。こうしててもラチがあかねぇ。 いっそのこと俺とおまえでタイマン勝負
ってのはどうだ? 勝った方がジミーを名乗る。それでいいだろ」

ジミー 「・・・おもしれぇ。主役は俺、寸劇テーマはバイオレンス!! まさに
50回記念にふさわしい展開だぜ」

エレナ 「おいジミー、待てよ、自分同士で殴り合いなんて不毛な・・・!」

ジミー 「「ニコニコちゃんはすっこんでろ」」

エレナ 「・・・・・・(ニコニコちゃんってオレ?)」


ジミー 「どっちが勝とうと勝者はジミーってワケだ・・・そうと決まれば話は早いぜ。
表へ出な、おチビちゃん」

ジミー 「フッ、「大男、総身に知恵が回りかね」ってな。チカラ押しだけじゃ勝負は
決まらねぇ。・・・どっからでもかかってきやがれ!」

ジミー 「フン、慌てんなよ。おっとそうだ、タイマン勝負の前に・・・これでも使え。
勝負の最中、ハラ減ったとか泣かれちゃたまんねー」


08102113.jpg


ジミー 「ん?」



08102114.jpg



ジミー 「てんめえぇぇぇえええええええナメやがってぇぇええぇえ!ブッ殺す!!」

ベンジャミン 「おぉ・・・さすがはジミーぼっちゃま・・・自分自身のムカつかせ方を
よく心得ていらっしゃる・・・!」

エレナ 「感心してる場合かー!!」


(つづく)




*****



今になって思うのです。

なぜアンケートの選択項目に「バイオレンス」を入れてしまったのだろうと。 



ま、なりゆきで適当にやっちゃえばいいよナ!(いいわけあるか

| 50回記念 | 10:00 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

百合っぺさん、こんにちは!

そうですそうです、ごはんつぶでフナをひっかけたときのあのビビビ感が好きで、小学生の夏休みは作ってもらった一本竹の竿持って毎日沼に通っていました!

フナ釣りに飽きたら川エビ取りです。
エビは後ろに逃げるのでシッポのほうから追いかけるとなんぼでもすくえるんですよね。

大人になってからは渓流と防波堤しか行ってないけど、あのテケトーなフナ釣りやエビ取りをまたしたいなぁ

って何ブログでしたっけここ

百合っぺ、恐ろしい子・・・!

ところで100均のフェルトには目からウロコでした。ボタボタ
さすがオサレな広杉者・・・(ってわかりますか?)さっそく真似します、いやしました
次号で紹介しますぞ

| ななつ | 2008/10/29 09:41 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/10/24 19:34 | | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。