It's a small war

きみと僕とのあいだに起こる とるにたらない 小さな諍い

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おかたづけ大作戦 その2

こんにちは、ななつです。

わたくしの人形部屋整理整頓についてリアルにレポートしてゆく第2弾をお送りします。

モノが増える一方でまったく片付かない人形部屋を持つわたくし、現在発売中の「Dolly*Dolly」を読んで一念発起、「小分け収納にチャレンジする」ことを表明して1回目の記事が終わったわけですが、記事の最後に載せた写真がこれ↓


(読む方は続きをどうぞ)





08100801-2.jpg


「小分け収納」のために購入してきたグッズです
カンタンに紹介しますよ

①カラーボックス
『無印良品』のパルプボードボックス。ドライバーを使って自分で組み立てる。大きさはW44×D29×H90 お値段2000円くらい

②透明ケース2種
『ダイソー』のプラスチックコーナーで。もちろん1個100円

③紙製収納ボックス
『Cando』『ダイソー』などのラッピング・箱コーナーで

④突っ張り棒
『ダイソー』の突っ張り棒コーナーで。最長50センチ程度のミニサイズで、なるべく耐荷重量の大きいもの

⑤英字数字スタンプ
ナチュラル系?100均『seria』で。首都圏にもあるのかしら


あ、ちょ、待って、今から自分でツッコみますから


その①「収納するためにモノを増やしてはいけない」

私のような片付けベタさんは安易にモノを増やしてはいけません。
とくに収納家具みたいな大物に手を出すときはよくよく考えるべきです。まずは既存の収納グッズで使えるものがないかどうかよく吟味しましょう

ちなみに私は、自分だけのための収納家具や収納ケース自体「持っていませんでした」。なんでかというとおかたづけがヘタクソだからです ニワトリが先かタマゴが先か、ってこういう感じかしら

その②「100均好きすぎ」

返す言葉もない。ボックスは無印なのに、中にしまうケースは100均なところが言い訳できません。
同じアクリルケースでも、無印で買ったほうがずっとデザインもカッコイイですし。
もちろん値段は100均の10倍以上しますが、インテリアものって、服とかに比べると値段の割に、はるかに長く家の中に居座りますよね。
うちなんか、10年以上前、初めての一人暮らしをするにあたりイヤイヤ買った「Fit's」の押入れケースがいまだにあるもん。見るたび残念な気持ちになるのに、場所が押入れで普段見えないということもあって、なんだかんだで買い換えてない。

なので普段から目に触れるインテリアの場合なら、とことん好きな物にこだわったほうがいいと思います。

たかが人形とはいえ、自分にとって「大好きなお楽しみ」、趣味のものをしまうわけだし、好きな色、テイスト、デザインのものを徹底的に探したほうがいい。そのほうが片付いた空間も持続しそうだし。

ちなみに個人的な希望を言えば、収納家具なら私は古びたガラスのキャビネットや、昔の、しっかりした木製の引き出しが一番好みです。

じゃーなんで今回100均まみれ&無印なのよと聞かれれば、答えは

●2~3年以内に再度引越しの予定があるから

コレに尽きます。今の家では使えても、寸法やら色やら、引越し先で使えなくなると困るのです。
今回買った一番の大物のカラーボックスも、パルプボード製なら、いらなくなっても分解&切断で燃えるゴミにできるし、100均プラケースなら捨てるとき惜しくない。

そのぶん、次に引っ越したら奮発してキャビネットや棚を買います! とここに書いておこう

さて次回は、買ってきたグッズを使っておかたづけ実践編です
今回サッパリ話が進んでない気がしますが気にしない

| おかたづけ大作戦 | 11:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。