It's a small war

きみと僕とのあいだに起こる とるにたらない 小さな諍い

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

そこに散らばったものは愛

08093002.jpg


「・・・背伸びお嬢様?」




08093003.jpg




「帰ってこられたばかりで、そんなところに。風邪を引きますよ」




08093004.jpg







08093005.jpg




「・・・珍しいね。背伸びが横になって眠るなんて」




08093006.jpg







08093007.jpg





ベンジャミン 「きっとドールショウでお疲れなのでしょうね。もともと人ごみの苦手な
方ですし、ふだんはこちらの世界と夢の世界を行ったり来たりされていますから」

エレナ 「そういやセシルが言ってたよ、背伸びはあっちで全然眠れなかったんだって」




ヂヂーヂヂヂーヂヂヂヂー
(ゼンマイの回る音)


08093010.jpg



セシル 「えれな」



08093011.jpg


エレナ 「やぁ、セシル。 お土産の服、ありがとね。 疲れただろ?」

セシル 「心配はイラナイ。ソレヨリ先刻渡シ忘レタものがアル。ドールショウで
アル人物カラアズカッタしなもの。トテモタイセツなシナモノ」

エレナ 「品物?」

セシル 「これダ」


08093012.jpg


エレナ 「オレに? くれるの?」

ベンジャミン 「おぉ・・・これは!」

セシル 「執事ドノニモあル」

ベンジャミン 「・・・わたくしに?」


08093013.jpg


ベンジャミン 「な、なんと・・・!」

エレナ 「わぁ、これは確かにベンジャミン用だ。でもセシル、これ、誰がくれたの?」

セシル 「ソレハ・・・この私ガ唯一気ヲユルス屈強の若者・・・ソシテ私の影武者・・・」

エレナ 「マジかよ! レイズナーってスゲー器用なんだな!」

ベンジャミン 「真偽はともかく、このわたくしの黒歴史を知っているという時点で、
かなりの要注意人物です・・・! 場合によっては闇に葬らなくては・・・!」

エレナ 「あれ? ウサギ時代は黒歴史になったの?」


08093008.jpg


エレナ 「でも嬉しいなぁ。オレ最初、留守番なんてつまんないって思ってたけど、
こんなにステキなお土産もらえるなら、そんなに悪くもないね。セシルが買って
きてくれたこの服も、すごく気に入っちゃったよ」

ベンジャミン 「少年曹達社さまの新作ですね。セシルはああ見えて、かなりの買い物
ツウですな。たいへんよくお似合いですよ」

エレナ 「ありがと。ベンジャミンも、そのミドリの・・・似合ってるよ、ルイスのお土産」



08093014.jpg


ベンジャミン 「・・・・・・」

えれな 「・・・それって、ルイスの手作り?」

ベンジャミン 「わたくしはドールショウ限定販売の某ディーラー様製 蝶ネクタイを
お願いしたのです。しかし、相次ぐハプニングで入手できなかったらしく・・・
お詫びのしるしにと、帰りの道中、一睡もせずに作られたそうで」

エレナ 「そうかぁ。ルイスなりに留守番チームに気を使ったのかもね。デザインは
その・・・えー、まぁアレだけど、きっと2,3日つけてればルイスも満足するよ」

ベンジャミン 「それが・・・徹夜続きで若干ハイテンションだったルイスぼっちゃまは、
荷ほどきの最中、これを機に新たなメンズブランド 『424(シツジ)fromDEATH』 を
立ち上げるんだと言い出されて・・・」

エレナ 「え」

ベンジャミン 「ついてはこのわたくしをイメージキャラクターに採用するかしないかで、
反対するジミーぼっちゃまと口論に」

エレナ 「ええっ!」

ベンジャミン「ジミーぼっちゃまも長時間立ちっぱなし&移動中は揺られっぱなしの
ドールショウ帰りで極めてご機嫌が悪く・・・お二人はとうとう、隣の部屋で取っ組み
合いの大ゲンカを始めて」

エレナ 「マジで?! 大変だ! オレ止めに行ってくる!!」

ベンジャミン 「あ、エレナぼっちゃま! 話を最後まで・・・・あぁぁ」




*****


エレナ 「あのふたりはちょっと目を離すとすぐにこれなんだ・・・!」





エレナ 「ジミー! ルイス! ケンカはよせよ!」







08093015.jpg





エレナ 「あ・・・」





08093016.jpg











08093017.jpg









エレナ 「・・・・・・・・・(寝てる、ふたりとも)」




パタパタパタ
(部屋を出るエレナの足音)





パタパタパタ
(戻ってくるエレナの足音)





08093020.jpg












08093022.jpg










08093021.jpg










08093023.jpg







エレナ 「・・・楽しかったんだね なんだかんだ言って」







08093024.jpg






エレナ 「やっぱ、今度はオレも、行きたいな」






*****



(おしまい)

| DollShow 23レポ | 19:00 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

Tさま

いやはや、私の手元にある王子の写真も、ものっそいカワイイですよ…!
あの貴族ルックと、むやみに何かを決意したような表情がたまらんです。もっとたくさん写真を撮ればよかったよ~!

そうそう、Tさんにいただいた「きのこクッキー」が割れてしまったのは、きっとジミーとルイスが乱闘したあおりです。
もちろんジミーが凶器に(略


>あおせさん

>一番ななつさんに似てるのはエレナくんかも

ええっ!!!!

私ね、エレナのセリフを考えるときは、あえて自分の中にない反応とか感情をアタマで想像して「空想上のすごく優しい子」を作るようにしてるんですけど、そうか…それでもやはり、私自身の内に秘めた優しさとか、成熟した慈愛のオーラとかってにじみ出てしまうものなんですね…(おまえは何を言っているんだ

アヒルかわいいですよね、こういう動物モノにとても弱いので私もたまらんくなってます(笑


>Sさま

そうか、梓さんは木に辛いと書くのか…妙に納得
あの虚空を見つめる瞳があまりにもジュリーだったので思わず…本当にすみません(笑

しかしホント、ルイスもだけど、私も真澄さんにお会いしたかったですよー!
引っ越して以来、なかなか気軽にイベント行けないんですが、今度はお客さんでうかがいたいです。
そのときどんな粗品を持って行こうか悩むルイスを想像するとすごく楽しいです(笑

| ななつ | 2008/10/07 17:53 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/10/03 00:34 | | ≫ EDIT

かわいいvvv

こんにちは。
ななつさんの寸劇はほわんと優しいところがあって、癒やされますv 楽しかったことを思い出してちょっと切なくなる気持ちが伝わってきます~v 一番ななつさんに似てるのはエレナくんかもしれませんねvv
 ところで、ジミーくんの後をついて歩くようにいるアヒルたちがたまらんかわいい…! ジミーくんの足跡はあひるに変身するのかもしれない、とちょっと本気で思いました…ありえないことではないわ…(真顔)

| あおせ | 2008/10/01 18:35 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/10/01 13:10 | | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。