It's a small war

きみと僕とのあいだに起こる とるにたらない 小さな諍い

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

DollShow23 ~★★★★★~ その2

<どうでもいいあらすじ>

いよいよ開場したドールショウ23。
湧き上がるお祭りムードの中、会場限定販売の品々を狙うルイスは、売り場に仲間たちを残して、コッソリ一人で買い物に出ようとする。
だが、ルイスの作戦に気づいたジミーは、手にした出刃包丁で応戦。危険な凶器を前にして、ルイスの計画は水泡へと帰すのであった――。


08092506.jpg



ルイス 「ジミー、いいかげん下ろしてよ、その出刃包丁」

ジミー 「うるせぇ。ぜってー行かせねーからな」

ルイス 「まさか、ここまで来て僕の計画を阻まれるだなんて・・・。
一般参加を装うために、パンフレットまで偽造した僕の苦労はいったい・・・」

ジミー 「おまえってさぁ、どうでもいい部分に関してはスゴク用意周到だよな」




背伸び 「たしかにそういうところはあるわね」

ルイス 「背伸び?! 起きてたの?!」


08092701.jpg


背伸び 「肘の関節が妙な方向に曲がっているせいで眠れないのよ。
これ、管理人たら写真撮るときに気づいて直したりしないのかしらね」

ルイス 「いっぱいいっぱいになってたからね、彼女」

ジミー 「てか、地味にロボットセシルも来てやがる。いつ以来だよ」

セシル 「ギギギ・・・私はキャプテンセシル・・・義兄弟えれなにどーるしょうノ
様子伝える・・危険をカエリミズ、東京ユキの荷物の中シノビコンダのはソノタメ・・・」

ルイス 「そんな謎めいたセリフ言っても、きみがちゃんと写ってる写真、
コレ一枚きりだよ」

セシル 「ギギ・・・屈辱 屈辱! ピーピー! ババーーン(どっかのメーターが壊れる音」

ルイス 「それはこっちのセリフだよ! ジミーに服モデルをさせて来場者の注目を集め、
その間に僕はゆっくりお買い物。余った午後はマスコミ対応――完璧なプランだったのに!
こんなところでボサッと突っ立っているだけなんて、とんだ屈辱だよ!」

ジミー 「グダグダ抜かさねぇで黙って前向いとけ」




~4時間経過~


ルイス 「さすがに脚が疲れてきたね」

ジミー 「おれも」

ルイス 「僕の予想では、そろそろドーリードーリーが取材に来るはずなんだけどなぁ」

ジミー 「来ねぇよ」



08092702.jpg


ジミー 「・・・どこか寂しげな目をしても来ねぇもんは来ねぇよ!・・・ってか」

ルイス 「ん?」

ジミー 「ちょっと目を離したスキに、えらい繁盛してねーか、おまえのブース」


08092703.jpg


ルイス 「ギャッ!! ち、超満員」

ジミー 「おい、しかもメンツもすげーぞ。見ろよ、」


08092704.jpg


ルイス 「ジュリー?! あれジュリーだよね?!」

ジミー 「ああ間違いない。こりゃ予想外の展開だな。店のスタッフも大変だ、手伝った
ほうがいいんじゃねぇか?」

ルイス 「・・・フフフ。ジミー、慌てることはないよ。なんのために、僕が自分の人脈を
駆使してスタッフを選び抜いたと思う?!」

ジミー 「数少ない知り合いを総動員しただけじゃねーの?」

ルイス 「フッ。甘いね。僕だってバカじゃあない。いいかい、誰だって向き不向きがある。
それを見抜いて各所に最適配置するのが、組織のトップに求められる最も重要な能力さ!」

ジミー 「お前いつ組織のトップになったんだ」

ルイス 「(←聞いてない)まずは接客担当! これはビキ以外にいない!」


08092502.jpg

ルイス 「控えめで物腰柔らかだけど、内に秘めた気丈さは人一倍。クレーム
にも落ち着いて対応できるサービス業のプロ! 地道な試作の末に編み出した
オリジナルメニュー・通称 『ビキビキタルト』 の中身は、ワとクラゲです!!」

ジミー 「あいつなりの美学を感じる地味な食材だな・・・!」

ルイス 「続いて会計! レジ担当は蜜夏月ポケットの釦!」


08092501.jpg

ルイス 「ブリーチピンクの髪+開眼カイルの目力で 『食い逃げはダメ、絶対!』 
会計でゴネるお客には 『へぇアンタ、いい携帯持ってるねぇ。文句があるなら
ソイツで警察に電話しなッ! ・・・あ~っと、手が滑って水割りが携帯にィーッ!
これじゃあ110番は無理だなぁ? どうするッ! アァ~ン?』 

・・・これでレジの守りは鉄壁さ!」

ジミー 「あれか? この店はボッタクリバーかなんかか? あと釦が荒木飛呂彦の
描くやられキャラみたくなってんだけど」

ルイス 「(←聞いてない) サクラの配置もカンペキだよ! 憧れの美白カップル、響&藍!」


08092708.jpg


ルイス 「ニキ少女・藍の蠱惑的なたたずまいと、愛する彼女のためなら内職もこなす
理想のナイト・響は、欲望の多い現代女子の憧れの的! 『私も藍さんみたく響さんに
愛されたい! 超絶美形の言いなり男、激しくキボンヌ!』 と女子が殺到する仕掛けさ」

ジミー 「いまどきキボンヌはねぇだろ」

ルイス 「(←聞いてない) 響と藍が前門の虎なら、後門の狼はこべやかばんの
針山
! BF界のルイージ・TFルイスの静の魅力の真逆を往くウザさで、来店した
女子達に、もれなくナンパの絨毯爆撃! もう 『寂しい』 なんて言わせない!」


08092707.jpg


ジミー 「あれナンパなのか? 小動物の餌付け風景かと思ったぞ」

ルイス 「・・・針山に感化され、シャイな男子ドールも勇気を出してあの子にアタック! 
『ウェイター君、あそこにいるお嬢さんに、ビキビキタルトを一つ』
『かしこまりました。なんなら携帯番号でもメモに添えて、いかがですか?』
『フッ、あえて数字を書くなら114106・・・それで十分さ』
・・・かくしてまたひとつ新しい恋が生まれ、店の売り上げもアップ! つまりこの
満員御礼は、僕のシナリオどおりなんだよ!」

ジミー 「おまえの長ゼリフはどうでもいいが、そろそろ片付けの時間みたいだぞ」

ルイス 「ええっ!! そんな! 僕まだ取材一件も受けてないよ?!」


08092706.jpg


ジミー 「俺ちょっと記念撮影行ってくるわ。あー疲れた」

ルイス 「ちょっと待ってよ! ドリドリは何やってんの?! TVKのキャメラは?!」

ジミー 「知らねーよ」

ルイス 「もう終わりだなんてヒドすぎるよ! 僕は絶対に帰らない! そうだジミー、
きみそこのJimmy族とその舎弟を率いて5Fあたり行って、そのへんのSDと乱闘騒ぎ
起こしてきて! なんでもいいからマスコミの注目を集めるんだ!」

08092713.jpg


ジミー  「お断りだ」
フォマ  「お断りだ」
ぼたん 「おことわりだぞ」

文次郎 「ぼっぼくはっ しゃていじゃないですっ こぶんですっ」

ルイス 「なんだよきみたち! 僕の気持ちも知らないで! ジミーの馬鹿! 
このワタゲムシ!」

ジミー 「・・・おまえ、結局最後はそれなのかよ」

ルイス 「・・・うん」


08092709.jpg





※この物語はルイスの妄想が主体であり、劇中に登場する各ドールのイメージ、
立ち位置、セリフなどは、本人ドール様とは一切関係ございません。




*****



ドルショ本番編寸劇はこれにて終了
次回は帰宅後の様子をupしたいと思います!

拍手をありがとうございます。コメントのお返事は次回の更新時に。すみません!

| DollShow 23レポ | 03:24 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

眉一つ動かさずに無言で避けるビキが目に浮かびます……

しかしこのレスのやりとりを見ていたら、いま無性にビワが食べたいです

責任とってよね!

| ななつ | 2008/10/07 17:55 | URL | ≫ EDIT

いえきっとナッツ系、とお客様に説明しても中身はビワとキクラゲなんです!少なくともルイスは入れたに違いありません!
…ビキくんに避けられてなければ(笑)。

| karino | 2008/09/30 19:35 | URL | ≫ EDIT

れっきとした果物のビワはともかく、キクラゲの処理が難しそうですよね…!

きっとビキが一生懸命みじん切りにするんだと思います…と書いてたら本家公式crotchetではフツーに「ナッツ系」と説明されていました

いいんです所詮うちは妄想二次創作(ルイスの

| ななつ | 2008/09/30 17:42 | URL | ≫ EDIT

ビワとキクラゲ!!
ビワとキクラゲ!!
ビワとキクラゲ!!

…はっ。すみません。
これが叫ばずにはいられないです。はい(笑)。
でも微妙にアリかもと思わせる恐ろしさがニクイ…

| karino | 2008/09/30 10:41 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。