It's a small war

きみと僕とのあいだに起こる とるにたらない 小さな諍い

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

DollShow23 ~★★★★★~

<どうでもいいあらすじ>

9/21開催の「ドールショウ23」に、友人とともにディーラー参加することになったルイス。
相棒・ジミー(+背伸び)を連れて会場に乗り込み、準備は万端、いよいよ開場を待つばかり。
さぁ、祭りのはじまりだ――!




ジミー 「おいルイス」

ルイス 「なんだいジミー?」

ジミー 「ちょっと聞くけどな」

ルイス 「うん」

ジミー 「これ、喫茶店かなんかなのか? レジとかテーブルとかあるけどよー」




08092507.jpg


ルイス 「ブブー、ちょっと違うね!」

ジミー 「は?」



ルイス 「たしかに大まかに分類すれば、このセットは『カフェ』に見えるかもしれない。
でもね、僕らみたいな無名の集団が扱うテーマとしては、あまりにも普通すぎるん
じゃない? フフフ」

ジミー 「・・・」

ルイス 「この広いドールショウ会場で、今日いったい何百組のディーラーが『カフェ』を
テーマにした展示をやると思う?! ジミー!」

ジミー 「そんなにいねーだろ」

ルイス「(←聞いてない) セットとしては古典的とさえ言える『カフェ』をあえて扱う。
そこにはそれなりのインパクトが必要さ・・・そこで僕は考えました。この店が会場の
注目を一身に集め、取材許可を求めてマスコミが列を成す――そんな仕掛けを!」

ジミー 「待て、何する気だ、おまえ」

ルイス 「フフフ。ヒントは売り物さ。この店で売るのはね、洋服でもない、アクセサリー
でもない、ましてやグラスアイや海外製のウィッグでもないんだ――!」

ジミー 「じゃー何なんだよ」

ルイス 「カレーさ!!」 

ジミー 「は?」

ルイス 「食の墓場・イベント会場における手作りカレーの攻撃力は、匂い・刺激・
満腹感、どれをとっても重火器クラス! そうだろ?!」

ジミー 「いや、まぁ、そうだけど」
 
ルイス 「『えっ、こんなとこでカレー?』 漂う香りに不意打ちされて思い出す、
忘れていた空腹感! 『そういえば買い物に夢中で食べてなかった――』
気づいたときには、あの人気ディーラーさんに寄るのも忘れ、売り子に向かって
こう言うのさ。 『ルイスの妄想カレーひとつ』」

ジミー 「買い物済ましてから食えよ、そいつも」

ルイス 「(←聞いてない) ひとさじ口にすれば、おいしい、ああおいしい!
もうあの子のお洋服なんていらない! 私がお腹いっぱいになれば!
・・・これは大ヒット間違いない!」

ジミー 「おいちょっと待て。いま店ん中見たけど、どこにあんだよ、そのカレー」


08092503.jpg


ルイス 「それがさ・・・みんなに止められて・・・とくにバイトのビキにすごく怒られたんだ」

ジミー 「あいつ、言うときは言うよな」

ルイス 「『カレーのおいしい雑貨屋さん ★★★★★』で出展すれば、権威に弱い
グルメ気取りの人々が殺到して、お昼時には満員だと思ってたのになぁ」

ジミー 「次回またチャレンジしてみればいいじゃねぇか。一人で」

ルイス 「・・・あ、ところで僕、そろそろいいかな?」

ジミー 「は?」

ルイス 「前にも言ったけど、ちょっと買い物したいディーラーさんがいるんだ。
大人気のところだから、開場後10分間が勝負なんだよね。ちょっと行ってくる」

ジミー 「おまえそれ違反事項じゃねぇの?」

ルイス 「やだなー、カタいこと言わないでよ!」

ジミー 「俺の目が黒いうちはどこにも行かせねぇからな! つか、こんな
格好して単体で立ってたら、俺がこの服を本気で着てると思われるだろーが!」

ルイス 「またその話し? ホントに似合ってるから大丈夫だって! それにさ、
今日はテレビ取材も入ってるらしいよ! 午後からはドーリードーリーとかも来て
忙しくなると思うから、その頃にはちゃんと僕も戻ってくるって!」

ジミー 「おまえはここにいろ。絶対動くんじゃねぇ。そして俺が写真を撮られるたびに、
『この服は僕のセンスです』といちいち説明しろ」


08092504.jpg


ルイス 「ジミーったら、自意識過剰だなー」

ジミー 「おまえに言われたくねぇよ!!」


*****



またまた続きます

セットの設営してる際、M豆さんが「これ、ジミーにどうですか?」とおもむろに出刃包丁を取り出してきたときは笑いました。どんなシチュエーションかと。こんなシチュエーションでした。


テンションがあがりすぎて写真を全然撮ってなかったので、正直・・・とても寸劇が難産です・・・・
イベント時はいつもこうです。撮影会行っても写真撮らないで帰ってきてしまうもんなぁ。

| DollShow 23レポ | 14:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。