It's a small war

きみと僕とのあいだに起こる とるにたらない 小さな諍い

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夏休み

このお盆に、幼なじみが家に泊まりに来ました。


・・・というお人形の写真は出てこない話なので、それでもいい方のみ続きをどうぞ



この幼なじみはいわゆるオタなのですが(いやまぁ私もそこそこオタですけど)、人形方面には縁がなく、今回初めて実物のドールを触らしてみました。まぁ、ドールったって、うちには今TFとPFしかいないんですけど。

「で、これって着せ替えする以外にどうやって遊ぶの」(←幼なじみ)

「えーと、人によって違うけど、私の場合は写真とって、キャラにセリフとかつけてショートコントみたいのをブログにアップする」(←私)

「なんだそれ。超わかんねー! ってかキャラってなによ」(←幼なじみ)

「えーとね、たとえばこの子はいつもカリスマになりたがっていて、んでこれがうちの執事でみんなのお世話係で」(←私)

「ちょwwwwwwwwおまwwwwwwwwwwww」(←幼なじみ)


改めて文章にすると完全にノイローゼです(私が

でもそんなドン引きの幼なじみも、私が「なんていうかこう、命のないペットみたいなもんかな」とか必死こいて弁明してたら

「あー、シムピープルみたいな感じね」

と勝手に正解して納得してました。さすがオタ。

そうですね、改めて思ったけど、私にとって人形はシムピとかポストペットとかリヴリーと同じベクトルな気がする。

熱帯魚の水槽や鳥かごの中を外側から眺めてるような感覚というか。
そこで起こってる出来事がすべて、水槽や鳥かごの外側にいる自分の脳内妄想ということがリアルな熱帯魚観察や小鳥の飼育とは違うところであり、人形遊びの醍醐味であり、普通の人が「意味が分からない」となるところなのでしょうねぇ。



ちなみに、そんな幼なじみから「この子かわいい!」と一番評判が良かったのはルイスでした。
意外。



留守中の拍手、ありがとうございました。
夏休みでサボりぎみですが、「楽しみにしてます」のもったいない一言に励まされております・・・!

| どうでもいい話 | 13:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。