It's a small war

きみと僕とのあいだに起こる とるにたらない 小さな諍い

2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

梅雨ですね

毎年初夏に入ると、ここから秋までのスピードが異常に早く感じます。

とゆーか前回の更新から約一ヶ月も経つのか~!信じられない。

メール&コメント、いただきっぱなしにしてる方、すみません。
ここのところ現実の事務作業をパンパンに貯め込んでしまっていたので、
趣味周りをちょっとお休みしていました。今日で一旦片がついたのでまた
ぼちぼち再開するつもりです。

バタバタしていたこの数週間、もしかするとこのようにズボラな自分には、
メールやweb拍手よりもツイッタのほうがぴったりのこみゅにけーしょんつーる
なのでは、と思って、始めようかどうしようか相当考えたのですが、周囲の人に

「絶対ハマってそれしかやらなくなるからよく考えたほうがいいと思う」

と忠告された上、実際自分でもそんな気がするのでなかなか実行できずにいます・・・。
とゆーかブログにしろネットゲームにしろmixiにしろ、それこそツイッターにしろ
ネットで爆発的に流行るものってどうしてこうも中毒依存性が強いのだろうか。
面白さを理解したうえで、なおかつ適度に楽しめる人を尊敬するなぁ。
そういう人はどのへんに住んでて、私とどういうところが違うのか比べてみたい




さてさて
あれから靴はもう一回やりなおして、「これでいいかな」という感じになりました。
仕上がってから数週間たってしまいましたが、全然画像がないのもあれなので
にぎやかしに載せますね


R0012905.jpg


革は紫がかったグレイ。
渋くてなかなかいい色なのですが、画像だときれいに出ないなぁ。
牛柄みたいに、ところどころ地の茶色がまだらに出てるところがあって
それもドタ靴ぽくて気に入っています。

ヒモは足首でも甲でも締められる感じにして左右で締め方と飾りのパーツを
変えてみました。飾りパーツは右足のはビンテージのラインストーン、左足のは
小さい鈴です。


R0012908.jpg


こっちの写真のほうが色が実物に近いかな

紐で色々遊べそうだなぁ
いっそビーズとメタルパーツでゴテゴテにして、ルンペンといいつつ、常に
財産一式身に着けて移動してたジプシーみたいな雰囲気も良いやも

あと、仕上げに中敷を作りました。


R0012901.jpg


ストライプの生地は銘仙です。昔の銘仙のストライプ柄には面白い色あわせを
沢山見かけるのですが、えんじ色に玉虫がかったビビッドなブルーと赤の
ラインってすごくモダンだなあと思う。

私はアンティーク着物を自分で着ることや、リメイクファッションにはあまり興味が
ないので、普段は古布もほぼハギレサイズでしか買いません。が、この生地はどうにも
自分のツボに入ってしまって、露天のおじさんから着物で買いました。
写真のストライプが表、裏地に使ってあったのは真っ赤な紅絹で、本当にグッとくる
着物でした。

木底もだけど、人間の靴だとまず履き心地や機能の点でネックになる素材も、人形の靴の
場合は何でもありなのが楽しいです。

来週くらいからまた色々作りたいな。
それではまたのちほど。
スポンサーサイト

| 作ったもの | 16:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。